読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペットてすばらしい。

ペットが住みよい社会にするべく、ペット業界に関する情報や考察などを発信していけたらいいなと思っています。

動物病院の悩み〜獣医師は儲からないのに、、、

獣医療(動物病院)

前回の記事で、

動物病院の収入について書きました。

 

意外なことに、

多くの動物病院が儲かっていないことが分かりましたね。

 

そうです、

獣医師は儲からないんです。

 

全然儲からないのに、世間では

『獣医師=金持ち』という謎のイメージが浸透しています。

 

そのイメージが故に、

『先生、もっと安くしてよ。』

『他の病院は、この薬もっと安いわ。』

などど文句を言われることも少なくない。

 

飼い主のみなさん、

『獣医師は儲かっていないんです。』

間違っても値切ったりしないでください。笑

 

これ以上、経営が逼迫すると、

潰れてしまう動物病院も多いです。(多分)

 

ん?

1つの疑問が生まれてきました。

『飼い主は、なぜ、値切るのか?』

 

人間の病院だと、

まず値切る人はいないですよね。

点数が決まっており、診察料金も決まってますもんね。

 

一方、

動物病院は自由診療であるので、

診察料金は統一されておりません。

 

そのため、

診察料金を比較することができるのです。

 

そして、

飼い主は『安い料金=良心的』という判断を下しているのである。

 

恐らく、

根底には、日本の国民皆保険制度があるが故に、『医療=高品質かつ低料金』という概念が浸透してしまっているのだと思う。

 

この考えは、動物病院には全く当てはまらない。

 

高い診察料金で最高品質の獣医療を提供している動物病院は多い。

 

中には、安い料金で高品質の獣医療を提供している動物病院もあるが、非常にレアケースである。

 

基本的には、

低料金の動物病院は、

低料金にしないとお客さんに来てもらえないから仕方なくやっているのであろう。

 

そこで、

私はある提案をしたい。

 

『動物病院を使い分ける』

 

つまり、

ワクチン・狂犬病を打つための動物病院と

診察をしてもらうための動物病院に。

 

ワクチン・狂犬病を打つためだけなら、

近所の低料金の動物病院に行けばいい。

 

診察を受けるときは、

ある程度離れていても、高品質な獣医療を提供している動物病院に行けばいい。

(高品質な獣医療を提供している動物病院を探すことは難しいですが...。)

 

みなさんも、

動物病院はうまく利用しましょう!