読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペットてすばらしい。

ペットが住みよい社会にするべく、ペット業界に関する情報や考察などを発信していけたらいいなと思っています。

動物病院を検索する

動物病院に行くとき、

どうやって動物病院を決めていますか?

 

・近所にあるから

・親族・知人の紹介

・たまたま前を通って知っていた

・ホームページ

・動物病院検索サイト

 

こんなところでしょうか?

 

本ブログでも書いている通り、

動物病院の数は年々増加しています。

 

時代は、飼い主が動物病院を選ぶ時代です。

では、どのようにして、自分に合った動物病院を選べばよいのでしょうか?

 

一件一件試してみるのもいいと思いますが、

ペットに大きな負担をかけてしまいますよね。

 

今回は、自分に合った動物病院を探すための方法を掲示したいと思います。

 

「動物病院検索サイトをつかう」

これに尽きると思います。

時代はネット社会です。各動物病院もWEB広告には結構力を入れているのが現状です。

 

いくつか紹介したいと思います。

 

EPARKペットライフ

petlife.asia

 

ここは掲載されている(有料で)動物病院の数が多いです。

このサイトで予約をすることもできますね。

なんかどの動物病院も変な番号になっているのでかけるのが躊躇われそうですが…。

(電話が鳴るごとに、動物病院はこのサイトの運営会社にお金を払っているからでしょうか?正確な回数をカウントするためなんでしょうね。)

 

calooペット

pet.caloo.jp

 

このサイトはいわゆる口コミサイトですね。

実際に来院した飼い主さんの声が最も参考になりますもんね。

何個か口コミを見ると、明らかに素人ではない書き込みも散見されるのが気になります…。

(ライバル病院を低評価しているんですかね?)

余談ですが、料金システムは月額課金制みたいですね。どれくらいの効果があるのでしょうかね?アクセス数の増減がKPIなんですかね?

なんか微妙ですね。

 

動物病院Doctor's File

animal.doctorsfile.jp

 

院長先生のインタビュー記事の紹介ですね。

掲載数も非常に多いですね。記事を読むと先生の人柄が伝わってくるので良いですね。

ユーザーとしては、行く前に記事をチェックしてみるといいですね。

このサイトはどのように課金しているのでしょかね?

インタビュー記事作成は無料と書いてあるので。

恐らくは、無料でインタビュー記事を作成して、お金を払えば記事の露出面を増やすという感じですかね。

 

以上が主な動物病院検索サイトです。

みなさんも機会があったら使ってみてください!